2015年1月4日(日)の富士山

ウェブ制作

過去の記事を自動でツイートするプラグイン「Tweetily」を入れてみる。

更新日:

このプラグインの機能は、過去記事の自動投稿です。

どういった事ができるかというと

現在、このサイト(WordPress)に投稿してきた今までの記事に対して、一日4時間おきにTwitterへ自動投稿がなされています。

昨日、一度も更新を行わなかったのですが、一気にアクセス数が半減してしまいました。

スクリーンショット_PM

まだまだ、サイト全体の総投稿数も少ないし、サイト自体が若いので自然検索でのヒットは少なく、こちらから仕掛けるのを辞めたとたんに一気にアクセスが落ちてしまう状況です。

この状況を打開すべく、「Tweetily」をインストールしてみました。

「Tweetily」の良い所は、自動投稿させる記事を選ぶことができますので、あまり恥ずかしい内容のものは除外する事ができます。

また、From To機能がついていて、対象の記事の投稿した日で期間を選択することができます。

これにより、あたらしすぎる投稿の重複投稿を防いだり、古過ぎる記事の投稿を防ぐことができます。

私は欲張りなので、「4時間おきにツイート」の設定にしております。

同時にフォローも必死に行っておりますので、今日のアクセス数は、成果が出るのではないかと期待しております。。。

もう一度、私の設定をまとめると、

  1. 「jetpack」により、WordPressに記事を投稿すると、フェイスブック・ページ、Twitter、LinkedInに自動で投稿される。
  2. 既に投稿した記事は「Tweetily」によって、4時間おきに自動でTwitterに投稿される。
  3. Twitterのフォローに関しては、手動でおこなっており、拡散性を高めている。(2,000の壁に突入するまでに対応を考えます。)
  4. フォロワーに関しても常に手動で両思い100%に近い状態を作っており、フォローを外される事を防止している。

といった内容になっております。

-ウェブ制作
-, ,

Copyright© マネタイズ東京 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.